昭和60年10月1日に浄化槽法が施行され、浄化槽の管理者は、浄化槽が正し く設置されているか、適正な維持管理が行わ

れているか、書類の保存が行われているか等の検査を、三重県知事指定 の検査機関である『一般財団法人三重県水質検査セ

ンター』で受けなければなりません。維持管理(保守点検・清掃)とは別に、この検査を受検することが定められています。

 法定検査は、「設置後の水質検査(7条検査)」と「定期検査(11条検査)」があります。そのうち毎年行う定期検査は、いわば浄

化槽の「年1回の健康診断」です。

 保守点検とは目的、作業内容が異なり、保守点検業者と委託契約をしていても指定検査機関による法定検査は必要であり、浄

化槽の規模や処理方式等にかかわらず、すべての浄化槽が受検の対象となっています。(有料)


 


 
7条検査とは  

 
 「設置後の水質検査(7条検査)」とは、新たに設置され、又はその構造若しくは規模の変更をされた浄化槽については、環境省

令で定める期間内に(使用開始後3月を経過した日から5月間)、都道府県知事が指定する指定検査機関の行う水質に関する検

査を受けなければならないことになっています。

この検査は、浄化槽法第7条に規定されているので「7条検査」と呼ばれています。

 これは浄化槽が適正に設置され、所期の機能を発揮しうるかどうかは、実際に使用を開始された後でなければ確認できないた

め、機能に着目した設置状況を検査し、欠陥があれば早期にそれを改善することを目的としたものです。

 
検査 内容 項目
外観検査 外観検査は、浄化槽の設置場所において、その設置されている状態を観察し、浄化槽内部を目視することにより、各項目について行います。 設置状況
設備の稼働状況
水の流れ方の状況
使用の状況
悪臭の発生状況
消毒の実施状況
か、はえ等の発生状況
水質検査 検査員が浄化槽設置現場で各項目の水質測定を行います。又、BODについては採取した処理水を持ち帰り適正な温度管理のもと、5日間培養した試料について分析を行います。
水質の測定により浄化槽の働きが正常かどうかをみます。
BOD(生物化学的酸素要求量)
pH(水素イオン濃度指数)
汚泥沈殿率(活性汚泥方式のみ)
溶存酸素量
透視度
残留塩素濃度
塩化物イオン濃度(単独処理浄化槽のみ)
書類検査 保守点検の記録等を参考にして、適正に設置されているか否かを検査します。
 


 
11条検査とは  
 

 「定期検査(11条検査)」とは、管理者の責任として定められている保守点検・清掃が実施されているか、浄化槽の機能が正常

に維持されているかを調べるもの
で、浄化槽管理者は、浄化槽が所期の機能を十分発揮し、放流水質が悪くなって身近な生活環

境の悪化等につながるようなことがないように、都道府県知事の指定する指定検査機関の定期検査を毎年1回受けることとされ

ています。この定期検査は、浄化槽法第11条に規定されているので「11条検査」と呼ばれています。

 
検査 内容 項目
外観検査 浄化槽の設置場所の状態、及び浄化槽内部を目視することにより、各項目の検査を行います。 設置状況
設備の稼働状況
水の流れ方の状況
悪臭の発生
消毒の実施状況
か・はえ等の発生
水質検査 検査員が浄化槽設置現場で各項目の水質測定を行います。又、BODについては採取した処理水を持ち帰り適正な温度管理のもと、5日間培養した試料について分析を行います。
水質の測定により浄化槽の働きが正常かどうかをみます。
BOD(生物化学的酸素要求量)
透視度
残留塩素濃度
塩化物イオン濃度(単独処理浄化槽のみ)
汚泥沈殿率(101人槽以上の活性汚泥方式のみ)
書類検査 保存されている保守点検及び清掃の記録並びに前回の検査の記録等を参考として適正な維持管理が行われているか否かの検査です。
 


 
検査依頼方法

◇7条検査
 
依頼について 建築確認申請やトイレの改造等で浄化槽を設置する場合、浄化槽の設置届け等の義務があります。
その設置届けの為の添付書類として、三重県では 「三重県浄化槽指導要綱」により、指定検査機関に7条検査依頼を行ったことを証する書類(「受付書」)が定められています。
依頼方法 浄化槽法定検査依頼書により設置場所地図・検査料を添えて一般財団法人三重県水質検査センターへ依頼して下さい。
検査料は下表のとおりです。
検査の日程 検査に伺う日の約1週間前に、文書にて検査日のご案内をします。

◇11条検査
 
依頼について

一般財団法人三重県水質検査センターから11条検査受検案内のはがきを浄化槽管理者へ送付します。
11条検査受検案内のはがきが届かない場合はご連絡下さい。  
TEL059−213−0707 一般財団法人三重県水質検査センター  

検査の日程 一般財団法人三重県水質検査センターから浄化槽管理者宛てに、検査日の日程通知の案内を送付いたします。


検査手数料金
  ※検査手数料には消費税は課税されません。

 

◇設置後等の水質検査(浄化槽法第7条検査)      

    
 

人  槽

20以下 21〜100 101〜300 301〜500 501以上

料  金

8,000円 12,000円 18,000円 20,000円 25,000円


 
◇定期検査(浄化槽法第11条検査)
 
人   槽 20以下 21〜100 101〜300 301〜500 501以上
料  金 3,800円 8,000円 14,000円 16,000円 22,000円

 

 ○ 浄化槽法の一部を改正

 都道府県知事は、浄化槽管理者が浄化槽の「水質に関する検査」を受けていないと認める場合において、生活環境の保全及び

公衆衛生上必要があると認めるときは、検査を受けるべき旨の勧告をすることができるようになりました。また、勧告を受けた浄

化槽管理者が、正当な理由がなくてその勧告に係る措置をとらなかったときは、その勧告に係る措置をとるべきことを命ずること

ができるようになりました。命令に違反すると科料に処せられることもありますので、ご注意下さい。
 


※都道府県知事の指定する検査機関について

【指定検査機関について】

 指定検査機関は、都道府県知事が浄化槽法第7条の設置後等の水質検査及び同法第11条の定期検査を行わせるために指

定した検査機関です。

 三重県では、一般財団法人三重県水質検査センターが三重県知事の指定を受け県下全域の浄化槽について法定検査を行っ

ています。


【指定検査機関の義務】

 1.指定検査機関は、毎月末までにその前月中に実施した検査について知事に報告することになっています。報告事項は@検

査実施年月日 A浄化槽管理者の氏名(名称) B住所 C浄化槽の設置場所 D浄化槽の製造業者名・型式名 E工事・保守

点検・清掃の実施業者名 F検査結果 等です。

 都道府県知事は、検査結果等の報告を受けて、浄化槽の維持管理者に対して適正かつ効率的な指導監督を行います。

 2.指定検査機関は、三重県指令に基づき事業年度経過後3月以内に、@事業報告 A収支計算書 B貸借対照表 C財産

目録 D検査業務従事者名簿 を三重県に報告します。

 3.指定検査機関は、検査の記録を作成し、3年間保存することとなっています。


【浄化槽検査員について】

 検査員は、指定検査機関の職員で、浄化槽の水質に関する検査を実際に行う人を言います。検査は、公正な判断力と専門的

な知識、技能が必要とされます。従って検査員は、検査を正確に実施し、浄化槽が適正か不適正かの判断を公平中立な立場で

行い、浄化槽管理者や使用者あるいは浄化槽関係業者に信頼される人でなければなりません。

 検査員の資格については、次のように定められています。
 
 @ 浄化槽の検査に関する専門的知識、技能及び2年以上実務に従事した経験を有する者(浄化槽検査員講習会修了者)

 A 廃棄物の処理及び清掃に関する法律第20条に規定する環境衛生指導員として浄化槽に関する実務に従事した経験を有す
    る者

 となっています。

 検査員は、指定検査機関の職員である証として「身分証明書」を常時携帯しています。


   ※参考資料:浄化槽Q&A(社団法人 全国浄化槽団体連合会発行)



 

一般財団法人 三重県水質検査センター
〒514-0004 三重県津市栄町3丁目119番地
TEL:059-213-0707 FAX:059-213-0708

Copyright(C)一般財団法人 三重県水質検査センターALL rights reserved